のて活動

コドモのての最近のブログ記事

「コドモのて2019」のパンフレットデータを以下よりダウンロードすることが可能です。
画像をクリックするとpdfデータが開きます。

コドモのて表面.jpg


コドモのて中面.jpg

11/16,17に開催する「コドモのて2019」の特別企画として『コドモレストラン』を開催いたします!


●コドモレストラン●
料理人がコドモをサポートし、オトナに提供するコース料理を一緒に作ります。またサーブの仕方もプロから習いましょう!最後には子どもも料理人とのコラボの味を食べてもらいます。
また、料理に込められた思いや、食材の話、器の話を料理人、作家、生産者から聞きます。

kodomonoteryouri2.jpg kodomonoteyasai.jpg kodomonoteutuswa.jpg



ワークショップ概要

日時:11月16日(土)、17日(日) ①10:30〜 ②13:00〜 

講師 料理:川嶋亨氏(一本杉川嶋OPEN予定) 
      黒川恭平(レストランブロッサム)
   サービス:竹下夏子(ノトイエ)

参加費:コドモとオトナ1組5,000円(シェフ体験、オトナのコース料理、コドモ料理付き)

対象:小学生以上のコドモとオトナ

時間:約120分

定員:10組 

予約制→予約はこちらから

※定員になり次第締め切らさせていただきます。
※申込後、事務局の方から個別にご連絡させていただきます。
※料金のお支払いはゆうちょ銀行の口座へのお振込をお願いいたします。
※キャンセルの場合は3日前までにご連絡ください。



コース内容

1.秋の彩りサラダ:
能登の生産者から買い付ける地野菜を様々な調理法や味付けで用意いたします。
それを陶器の器にコドモの発想で盛り付けてもらいます!

2.レンコンのスープ
加賀レンコンを使い、揚げたレンコン餅を作ります。そこに特製の出汁を投入したらスープの完成です!漆の器に盛り付けましょう。

3.能登豚のステーキ
低温で加熱した能登豚。仕上げにフライパンで焼き上げ表面を香ばしく!能登野菜を付け合わせに盛りつけます。
 
4.デザート
レストランブロッサム特製のシフォンケーキを盛り付けてもらいます。

※コース内容は若干変更する場合がありますのであらかじめご了承ください。
※子供達の年齢などを考慮して、当日の作業内容を決める予定です。



使用する器・食材

器:陶器(北井知枝・独歩炎)/漆器(土田和茂・うるし劇場)/ガラス(有永浩太)
食材:能登野菜・加賀レンコン・能登豚



講師紹介


kawashima_s.jpg川嶋亨

1984年、石川県生まれ。短大を卒業後、調理師専門学校に入学。卒業後、大阪と京都の名店で腕を磨き料理長を歴任し、Uターン後に日本の宿のと楽割烹宵待にて料理長を勤める。2019年10月現在、生まれ故郷、石川県七尾市で独立準備中。





川嶋氏からのメッセージ
今能登に暮らす私たち大人が子供たちに出来る食育ことはどんなことがあるのだろう?それは今まで先人たちが繋いできた能登らしい暮らしを知り、体験することではないでしょうか。能登の暮らしとは人と人との繋がりを大切に、支え合い助け合って共存していく暮らしではないでしょうか。私たちの仕事『食』はたくさんの方々の支えられ助け合いながら成り立っています。一皿の料理が出来るまでにたくさんの方々の手が加わっています。作家さん、生産者さん、地域の方々など上げればキリがありません。そんな背景を子供たちには知ってほしい。美味しいには理由がある。それには能登の人々の優しさや思いやりが詰まっているから。体はもちろん、心が満たされる料理。子供たちにはそんなたくさんの豊かさが今なお残る能登を大好きになってほしいと願っています。子供たちは未来の宝です。僕は微力ながらもそんなお手伝いを出来ればと思っています。『食』の可能性を信じています。今回そんな豊かさを体感出来るイベントになればいいなと思っています。



kurokawa_s.jpg黒川恭平

1988年、石川県生まれ。七尾高校を卒業後、調理師専門学校に入学。卒業後、京都、大阪、フランスの星付きレストランで9年間の修行をし、現在は生まれ故郷の七尾市でレストランブロッサムの2代目シェフとして腕を振るう。






黒川氏からのメッセージ
子供達にとって能登ってどう映っているだろう?僕は小さい時からこの能登の自然に囲まれ、新鮮な魚介を食べ、遊ぶ時は近くの海で泳いだり、山に探検しに入ったりして過ごしました。今思うと時間がとてもゆっくりと流れていたような気がします。そんなゆっくりとした時間を求めて今では海外からやってくる人もいます。ネット社会の現代だからこそ、当たり前にあるこの能登の豊かさ、素晴らしさ、自然という宝物を僕は食を通して子供達に伝えていけたらいいなと思います。


予約・お問い合わせ

●フォームで 予約フォーム

●メールで info@tematsuri.com



 

日本の総合芸術と言える「茶道」。
煎茶道の講師である藤元由布子先生と一緒にお茶会を楽しんでみましょう!
能登の自然、工芸、食を茶道のいたる所で発見できるはず!
オトナの皆様も是非ご参加ください。

c1176c94e33ca37c21662e7017c56316b_49432086_191029_0004.jpg

「コドモ茶会」
日時:11月16日、17日
10:30〜/11:30〜/13:30〜/14:30〜
所要時間:約30分
参加費:1人 1,000円
講師:藤元由布子(松月流)
定員:各回5名
申し込み方法:当日受付にてお申し込みください。

※オトナの参加ももちろんOKです!

内容
1.ご挨拶/煎茶道の紹介・・・茶葉の紹介
2.お点前・・・お茶会のような形式で雰囲気を体験してもらう。また道具の紹介、お茶の淹れ方、お菓子の食べ方を体験。
3.自分で淹れてみる体験・・・実際に自分でお茶を入れてみる。


『コドモのて2019』を開催いたします!

codomonote2019.jpg


テーマは、
『この土地の暮らし 繋げたいこと 伝えたいこと 親から子へ 能登から未来へ』

能登での暮らしを豊かにしている、自然、素材、技術、知恵。
その中で、「子供達に伝えたいこと、未来に繋げていきたいこと」をテーマに、それぞれの作り手が伝え手となるイベントにしたいと思っています。

日時:11月16日(土)、17日(日) 10:00〜16:00
会場:石川県健康の森 総合交流センター内
内容:
●食のワークショップ
能登の食文化を学んだり、作る喜び、盛り付ける楽しさを味わいながら、食の豊かさに触れるワークショップ。
(飲食の販売も同時に行います。)

●クラフトワークショップ
作家、職人、デザイナーが伝授。素材について、道具について、作る過程、使い方についてを学ぶワークショップ
(暮らしを豊かにするクラフト作品の販売も)

●自然体験
能登の里山を知る、遊ぶ、学ぶ体験コーナー

●特別企画 「子どもレストラン」開催!
料理人が子どもをサポートし、親に提供するコース料理を一緒に作り、サーブします。最後には子どもも料理人とのコラボの味を食べてもらいます。
また、料理に込められた思いや、食材の話、器の話を料理人、作家、生産者から聞きます。

講師:川嶋亨氏(一本杉川嶋OPEN予定) 黒川恭平(ブロッサム)
参加費:親子1組5,000円(シェフ体験、親のコース料理、子供料理付き)
時間:11:00〜 13:00〜 定員:10組 予約制

コドモのて2019の会場は、能登空港近くにある
『石川県健康の森 総合交流センター』

DSCN4306.jpg

のと里山海道の終点である、「のと空港IC」から車で7分の場所にあります。

総合交流センターは地元のアテの木たっぷりの空間。
窓からは里山の秋もたっぷり眺められます。

DSCN4328.jpg

DSCN4337.jpg

DSCN4336.jpg

今回はワークショップメインということもあり、会場は室内ですので、雨でも安心してお楽しみいただけます。

でも、できたら晴れてほしい!!
というのも野外が素晴らしいのです。
当日お天気が良い確率は低いかもしれませんが、外では思いっきり遊べます!

DSCN4354.jpg

DSCN4307.jpg

DSCN4350.jpg

巨大なブランコ、木の遊具、木の実などなど
とってもワクワクする場所なのです。

芸術の秋、食欲の秋、そして自然の秋を満喫できる週末をお届けしたいと思います。

そして最高の楽しみ方としては、健康の森に宿泊するのがオススメ!!

CIMG1043.JPG

ログハウスなどには暖房施設もありますので、安心して滞在いただけます。
宿泊のお問い合わせは健康の森へどうぞ。

石川県健康の森 
〒929-2362
石川県輪島市三井町中長谷12
TEL.0768-26-1413
FAX.0768-26-1513

URL http://www.ken-mori.com

キャンプ場のご案内 http://www.ken-mori.com/camp.html


コドモのてワークショップ@能登町
-鍛冶屋の仕事-


能登里山里海で働く人を支える道具の製造・修理を100年以上に渡り手がけている、能登町の「ふくべ鍛冶」さんとのコラボ企画です!

fukubetop.jpg

鍛冶屋の工房を見学し、昼食時に実際ふくべ鍛冶で作られているサザエ開けやイカ割き包丁を使ってサザエやイカをさばきます。
午後からは小刀の研ぎ体験と名入れを行い、自分で作った小刀で鉛筆削りの腕比べも!!
もちろん制作したマイ小刀はお持ち帰り頂きます。

刃物は、親からしたら子どもになるべく遠ざけたいものですが、鍛冶屋さんでの製作風景を見学したり、実際自分で研ぎ、使うということで、刃物がより身近になり、扱えるものになってもらえたらと思い企画いたしました。

日時:8月29日(水)

開催時間:10:00〜16:00(9:50 コンセールのと集合)

会場:能登町 ふくべ鍛冶工房/コンセールのと

参加費:4,000円(昼食、体験代、保険代含む)
(付き添いの保護者は見学代+昼食代1,500円)

対象:小学4年生以上
保護者同伴の場合は小学1年生以上

定員:10名

講師:ワークショップ:干場健太朗(ふくべ鍛冶4代目)
   サザエ、イカさばき:稲田茂(稲田鮮魚店)
   昼食のお弁当:中谷なお(小さなお家)

スケジュール:
9:50 コンセールのと前集合
10:00 ふくべ鍛冶工房見学
コンセールのとに戻る
11:00 イカ割き包丁、サザエ開け体験
12:00 昼食(小さなおうちのお弁当)
13:30 刃物研ぎ体験(60分)
14:40 名入れ体験(60分)
15:30 鉛筆削りコンテスト
16:00 終了

※子どもだけの参加希望の場合は七尾駅/和倉駅/能登島/中島/穴水からはスタッフが連れて行くことは可能です。

お申し込み/お問い合わせ
のとじま手まつり実行委員会
Tel: 080-5857-9194
E-mail : info@tematsuri.com
※参加希望者には申し込み後、詳細をメール又は郵送にて送らさせて頂きます。

ご参加、お待ちしております。



工場見学.jpg
ふくべ鍛冶工房見学の様子

肥後守(小刀).jpg
ワークショップで予定している小刀


サザエ刺身.jpg
美味しくサザエが食べられるかな?

イカ刺し.jpg

能登町の名産は何と言ってもイカ!ふくべ鍛治のイカ割き包丁でお造りを作ってみよう。

kodomonote_top.jpg

〜子どもと一緒にクラフト育と食育〜
子どものてワークショップ@能登島八ヶ崎

能登の食文化を学びながら、作家さんが作る「クラフト」の器や道具を使って食す体験ができる7個のワークショップと、3つの体験を用意しました。

能登の食文化の豊かさと美味しさを知ってもらい
子どもの頃からクラフトに触れてもらいたい。
そんな願いを込めて行うイベント第一弾です!


 (フライヤーをPDFでご覧いただけます。)

  子どものてws_両面_表.jpg 子どものてws_両面_裏.jpg


日時:7月7日(土)・8日(日)

開催時間:10:00〜16:00(一部開催時間が短いものもあります)

会場:能登島 八ヶ崎海の家(七尾市能登島八ヶ崎町)

参加費:1体験 400円〜700円

予約:不要(当日受付でお好きな体験をお申し込みください。それぞれのワークショップは30分単位で4,5名の定員で行います)

地図:


チラシからの変更点!
-醤油づくりワークショップ
①10:30~ ②11:30~ ③12:30~ ④13:30~ ⑤14:30~
の全5回開催です。


手まりすしを作ろう!

夏野菜やお花などで飾り付けして手まり寿司を作ってみましょう!
木や陶磁器の器に盛り付けていただきましょう。

DSCN1035.jpg DSCN1045.jpg DSCN1074.jpg

開催日:7月7日(土)、8日(日) 10:00〜16:00
体験料:600円
所要時間:30分(各回、毎時00分、30分にスタートします)
各回定員:5名
講師:白山正子さん、前田幹子さん


ところてんを押してみよう!

「市販のところてんは食べられん!」と島民が口を揃えていう能登島産テングサから作った「ところてん」。自分でついて、つきたてを食べてみよう!


DSCN1016.jpg DSCN1013.jpg DSCN1032.jpg

開催日:7月7日(土)、8日(日) 10:00〜16:00
体験料:400円
所要時間:30分(各回、毎時00分、30分にスタートします)
各回定員:6名
講師:ねねの会


料理長直伝の夏野菜天ぷら

のと楽宵待の川嶋料理長が、能登島の夏野菜を使った天ぷらの揚げ方と盛り付けを伝授します!能登島の天然塩につけてお召し上がりください!

  kawashima.jpg tempra.jpg

開催日:7月8日(日) 11:00〜16:00
体験料:700円
所要時間:30分(各回、毎時00分、30分にスタートします)
各回定員:4名
講師:のと楽 宵待料理長 川嶋亨さん


すり鉢ですりすり、海藻入りふりかけ作り

能登島の海藻と天然塩をメインに、煮干し、干しエビ、もろみ粉、ゴマなどなどすり鉢ですりすりします。それを炊きたてご飯にのせて!ふりかけのお土産付き!

DSCN0989.jpg DSCN0997.jpg _DSC8328.jpg

開催日:7月8日(日) 10:00〜16:00
体験料:700円
所要時間:30分(各回、毎時00分、30分にスタートします)
各回定員:5名
講師:サンスーシィ 長竹幸子さん


えの目の風干物を七輪で焼く!

能登島の中でも特に美味しいと言われているえの目の干物。それを七輪にのせ、炭火焼します。皮はパリッと、中はふっくら。焼きたての干物を食べてみましょう。

_DSC8332.jpg _DSC8329.jpg 

開催日:7月7日(土)、8日(日) 10:00〜14:00終了
体験料:500円
所要時間:30分(各回、毎時00分、30分にスタートします)
各回定員:5名
講師:えのめ荘 加地美紀さん


醤油づくりと絞りたて醤油の卵かけご飯!

醤油麹(しょうゆこうじ)、塩、水を混ぜるだけ!家に持ち帰り、1年〜1年半後にはお醤油が完成します。醤油作りと一緒に、搾りたて醤油で卵かけご飯も!


IMG_2889.jpg image1.jpg _MG_1253.jpg

開催日:7月7日(土) 10:00〜16:00
体験料:700円
所要時間:30分
各回定員:5名
①10:30~ ②11:30~ ③12:30~ ④13:30~ ⑤14:30~
講師:谷川醸造 谷川夫妻


能登島パフェ作り

能登島産玄米のポン菓子、ヨーグルト、能登島産野生の実のジャム、甘酒、ブルーベリーをガラスの器にトッピングして作ります。


DSCN1091.jpg DSCN1096.jpg DSCN1100.jpg

開催日:7月7日(土)、8日(日) 10:00〜16:00
体験料:600円
所要時間:30分(各回、毎時00分、30分にスタートします)
各回定員:5名
講師:のてスタッフ


左官ワークショップ!

珪藻土をコテで塗り、文字を書いたり手形を押したり、飾り付けをしたりして、オリジナルのパネルを作りましょう。完成後はお部屋に飾ると珪藻土の効能を感じられるはず!


36188520_902155399987055_6185846254589706240_n.jpg DSCN0848.jpg DSCN0887.jpg

開催日:7月7日(土)、8日(日) 10:00〜16:00
体験料:600円
所要時間:30分
随時開催
講師:左官うの久 鵜浦忠司さん / 日本ダイヤコム工業 森一郎さん


アテの香りワークショップ

アテの香りをインテリアに、入浴剤に、消臭剤にとアレンジし、お持ち帰りいただきます。


_DSC6896.jpg IMG_1767.jpg

開催日:7月8日(日) 10:00〜16:00
体験料:600円(大人用1,200円)
所要時間:30分
随時開催
講師:能登デザイン室 奈良雄一


刺し子ワークショップ!

能登島のご婦人たちが週3回集まって刺し子をしています。おばちゃんたちと一緒にチクチク刺し子をして見ませんか?コースターやヘアゴムなどを作ります。


IMG_2710.jpg IMG_2956.jpg IMG_2711.jpg

開催日:7月7日(土)、8日(日) 
※おばあちゃん講師ですので、可能な範囲できてもらうことになっています。
体験料:500円
所要時間:30分
随時開催
講師:よもやま会


器紹介

独歩炎(能登島)
使用ワークショップ:「夏野菜天ぷら」、「手まりすし」、「干物を七輪で焼く!」
DSCN1250.jpg

うるし劇場(埼玉県)
使用ワークショップ:「醤油づくり」、「ふりかけ作り」
36525214_996215463875111_2694389974425403392_n.jpg


能登島ガラス工房(能登島)
使用ワークショップ:「ところてん」、「パフェ作り」
DSCN1233.jpg

工人(石川県)
使用ワークショップ:「手まりすし」、「夏野菜天ぷら」
IMG_2698.jpg

土田和茂(石川県)
使用ワークショップ:「醤油づくり」、「ふりかけ作り」
DSCN1241.jpg

すり鉢屋(愛知県)
使用ワークショップ:「ふりかけ作り」
DSCN1244.jpg


有永浩太(能登島)
使用ワークショップ:「ところてん」、「パフェ作り」
IMG_2687.jpg

のとじま手まつり2016の時に、出展者の「すり鉢屋-ヤマセ製陶所-」さんが、のとじま保育園にという事で、小さめのすり鉢を2種類程たくさん寄付して頂きました。

そして、今年の夏、のとじま保育園に行くと、そのすり鉢を使って子どもたちがそとで何やら活動中。

園庭に咲いている朝顔のお花を摘みます。

DSC05159.jpg

お花をすり鉢に入れて、水も加えて潰します。

DSC05145.jpg

DSC05150.jpg

そしたら「いろ水」の出来上がり!

それをペットボトルに貯めていきます。

DSC05152.jpg

DSC05151.jpg

みんな夢中です。

のとじま保育園は園庭が広いので外遊びもたっぷり出来ます。

自然とクラフトが一体化した遊びを楽しんでもらえて、とても良かったです。

DSC05065.jpg

DSC_2675.jpg IMG_2469.jpg DSC02068.jpg IMG_1756.jpg DSC01328.jpg DSC_3416.jpg

2006年にクラフトマーケットでとして、のとじま手まつりが能登島で始まりました。

それから12年の月日が流れ、毎年秋に開催されるのとじま手まつりには県内外から多くの作家さんが集まり、クラフト作品を求めて多くの来場者で賑わうイベントとなりました。

2012年から始まった、のて活動。のて農や保存食倶楽部、リトルプレス発行、クラフト作家の移住支援などの活動を通じて、季節ごとの豊かな島暮らしを発信しています。

そしてこの度、新たに"クラフト育"を目指した「コドモのて」の活動を始めることに致しました。

能登島に根付いてきた「のて」。

地域内外の子どもたちに、能登島でクラフトを「知る」「作る」「使う」体験を提供し、それを通じて、クラフトがより身近なものとなってくれたらと思っています。



「コドモのて」の活動予定

●デザイン・クラフトキャンプの開催

8/23〜25の日程で、小学高学年を対象に能登島にてデザイン・クラフトキャンプを開催します!2泊3日の能登島でのキャンプを通じて、創造性豊かな子どもたちの可能性を更に広げ、クラフトやデザインという分野に興味を持ってもらえたら幸いです。

 

●のとじま手まつりにてコドモのてクイズラリー開催

小・中学生を対象に、10月に開催予定ののとじま手まつりにてクラフトの知識や興味を深める為の、クイズラリーを行います。

●その他、地域内外のコドモを対象にワークショップ開催予定です!