のて活動

冊子「のて」の最近のブログ記事

7月末に「のて冊子vol.03」が完成しました。

のとじま手まつり2016で配布予定です。(数量限定)
見かけた際は是非ご覧いただければ幸いです。

---
島の美しい風景と暮らしを守ってきたのは、
この土地の自然と風土に寄り添って生きてきた人々。
自然の恵みが、人々の「手」によって
さらに豊かなものとなっている︒
そして今、この島にクラフトの種が芽吹いて、
大きく育とうとしている。
想いを込め、一つ一つ丁寧に作られたクラフトは、
きっと島の風景と暮らしに溶け込むはず。
---

13925161_1138961139493922_7376819639133254877_n.jpg

13935013_1138961126160590_6400666885059900509_n.jpg

今年も豊かな島暮らしを少しでも知って頂けたらと、冊子「のて」を制作致しました。

のて冊子vol.2-jpg

 

「のて」2014年秋発行 ¥ 0

のて表紙.jpg

豊かさとは何だろう

豊かな暮らしとは何だろう

自然を糧として生きる事?

自分の手でつくっていく生活?

「ここには何もないよと」と島の人は言う。

でもここには心を満たす海や山や自然がある。

田んぼや畑など、自然と人でつむいできた景色がある。

受け継いできた知恵を持つ人々のつながりがある。

私たちが忘れそうになっている大切なこと、

お金では計ることができない価値。

この島には豊かさを知るヒントがありそうだ。



豊かな島暮らしを少しでも知って頂けたらと、冊子「のて」を制作致しました。

のとじま手まつり2013の特集ページと、様々な視点からの島暮らしが掲載された読み物です。

「のて」  2013年秋発行  1冊300円 0円

notebook2013.jpg  日本海に突き出すような地形の

  能登半島に浮かぶ能登島

  湖のように穏やかに、時には波を立たせ

  青や薄緑、白と毎日違う色を見せる海。

  生き物が息づくどっしりした緑の山々。

  一面に広がる田んぼの稲が潮風にそよぎ、

  畑には色とりどりの宝石のような作物。

  この美しい景色の中に、

  根を張って、支え合って暮らす人々がいます。

  便利ではないかもしれないけど、

  穏やかで豊かな暮らしがあります。

  能登島に流れる時間と空気が

  少しでも伝わりますように