のて活動

<動画>磯の香りたっぷりのトコロテンをガラスの器で食べよう!



「市販のトコロテンは食べられん!」と島の人に言われた時は衝撃的でした。
そして、そのトコロテンを食べたらなお衝撃!!

2018年に開催した「コドモのて」にて、トコロテン付き体験を行いました。
「うちの子、トコロテンなんて食べるかしら、、、」という親を横目に、ガラスの器に自分でトコロテンをつき、食べ始めると。。。
あれ、あれ、あれ。 隣で待っている親の分がなくなるという状況、、、。
コドモもトコロテンの美味しさをはっきり証明してくれました!
能登島の海で採れるテングサ。
それを水で洗って干してを繰り返し、赤紫色からどんどん白っぽい褐色に変化していきます。
それがテングサ。トコロテンの素。

そして今回、この手作りトコロテンを、ガラス作家有永浩太氏の器に盛り付け、能登アテの木で作られた箸で食べるセットにしてみました!
ガラスの器の中のところてんはますます美味しそうになります。
テングサとから作る磯の香りたっぷりのトコロテン。 ぜひ、自分でついて、ガラスの器で、食べてみてください!