のて活動

ジェノベーゼ/保存食俱楽部

先週は暑く雨も降ったりやんだりだったのでおはぎ畑のバジルが雑草に負けず劣らず急成長しました。

 

雨の日曜日、田口邸をお借りしてささっと刈り取ったバジルでジェノベーゼを作ることに。

最初は小びんがいくつできるかな..! なんて話していましたが

思った以上の成長をみせてくれたバジルたち。

001.jpg

 

葉と茎にわけてゆきます。

002.jpg

洗って計ってみたら500g近くもありました。

ニンニク、岩塩、少し炒った松の実を加えてブレンダーで撹拌してゆきます。

松の実はラッキーなことに前日頂いたもの。

003.jpg

ビンにうつしたら良い香りに見惚れてしまう程の鮮やかな緑を発見。

バジルはあっという間に酸化して黒くなってしまうのですごく嬉しい。

005.jpg

オリーブオイルで蓋をして完成です。

小ビン、中ビン合わせて8個程できました。

004.jpg

夕飯は早速ジェノベーゼ。

ジャガイモはおはぎ産、インゲンは能登デザイン室産です。

少しずつ食料自給率が上がってきました。
お皿は昨年ののてで購入したもの。
DSC_5938.jpg

保存食は作物の成長に合わせて作業することが多いのでなかなかこの日に!皆で!とはいきませんが、作物が実ったのを見計らって、都合がついた者同士で作業をするのは無理がなくてよいです。 

これも長持ちの秘訣なのかもしれませんね。