のて?

のてとは?

2006年から続いた秋のクラフトマーケット「のとじま手まつり」。
それはいつの頃からか、「のて」と呼ばれるようになり、クラフトマーケット以外の活動も行うようになりました。
13年という月日の中、イベント自体も、そして関わってきた私たちも、環境の変化とともに、様々な刺激を受けることで成長させてもらいました。
2019年春、さらなる「のて」を目指して脱皮することになり、14回目のクラフトマーケットの開催は行わないことを決めました。

年月を重ねていく中で芽生えてきた、次の世代へ伝えつなげたいという想い。しかし、伝えようとすればするほど、自分たちが伝えるものをまだたくさん持ち合わせていないことに気がつくのです。次の世代に繋げるには、まず自分たちがしっかりと先人からバトンを受け取ること。受け取ったバトンを握りながら、この時代にあったものを新たに築きあげること。そしてそれを次の世代に見せていくことが大切なんじゃないか。
きっと伝える側になって初めて気づくことも多いから。

この土地での暮らしが、モノ作りが、人の輪が、この先も継続するように。
「のて」という活動を通じて、「繋がる」、「繋げる」ことに気がつくきっかけになったらと思っています。